序章

SPMシミュレータ SPM装置 実験 表面観察::日本表面真空学会会員:産 官 学 担当 各位様
JST 科学技術振興機構 先端計測分析技術・機器開発プログラム
 SPMシミュレーション・インフラを
産 官 学 担当 各位様産 官 学 担当 各位様にご活用頂けます 
  ・SPMシミュレーションを必要とする「部品/HARD」・サプライヤー様、メーカー様 
  ・AASRI[ホームページ上64社各位様+希望者]に登録された 産 官 学 担当 各位様

 Google AI検索入力:SPMシミュレータ・テーマ領域;市場に適用されます
 https://www.google.co.jp/search?q=spm%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%
 BC%E3%82%BF&oq=SPM&aqs=chrome.0.69i59j69i57j0j69i60l3.3894j0j8&sourceid=chrome&ie=UTF-8


 SPMシミュレーション:需要表示 ON H_P [規模system的・「二箇所」]二重表記法 適用による:市場構築
  https://www.aasri.jp   https://www.aasri.jp/pub/spm/en/about_spm_eng.html
   For Japanese           For English European 

------------------------------------------------
従来不可能とされて来ました「SPIPでは何が見えているか不明」事態解決へ、以下ツール適用に依る、挑戦
特許仕様 SPM easy use シミュレータ SPM装置現場作業、事実上マニュアル不要作業公開環境
JST特許登録 東京大学 名誉教授 理学博士 塚田先生 と AASRI 二者が特許権を共同保有

 Advanced Algorithm and Systems Co., Ltd.(aasri.jp) 
 SPM実験画像処理手法イノベーション  「実験-計算」画像比較機能・試料表面の原子の真の状態を特定可能
 機軸・イノベーション・コンセプト SPMイノベーター
                                                          Prologue 
何が見えているか判別困難・商用ソフトと対で解消
 理論的シミュレーション結果と実験画像データの比較を同一のプラットフォーム上で実現する、世界初の商用ソフトウェア

 研究/ 業務・テーマ領域区分単位・ 用途区分別 市場 世界初SPM「実験―計算」画像比較型・世界標準仕様(計算機能)、
 粘弾性接触解析手法新規適用
、及び DFTB計算元素69種[計算パラメター開発に依り、STM/STS, AFM, KPFM、シミュレ
 ーション可能実現]
活用に依り、あらゆる(有機・無機)化合物に対してシミュレーションが、
各研究テーマ及び 用途区
 分に対して、実行可能です。
 
 https://www.aasri.jp/pub/spm/SPM_simulator_application_examples.htm
 
 https://www.aasri.jp/pub/spm/pdf/catalog/imagepamphlet/SPM_ApplicationField.pdf

 IoT・1 Bruker様 SPMミュレータ Win-Winコラボ販売パートナー活動[引合/見積合相談] ご案内
 高知工科大▼研究/ビジネス・テーマ領域・用途区分市場構築:SPMシミュレーションUNIT:▼活用法 俯瞰 & 視点開示


===========================================

Google AI検索・入力 市場◇高分子 タンパク質 バイオ・ソフトマテリアル 有機半導体 無機・金属半導体
SPMシミュレーション:需要表示 ON H_P [規模system的・「二箇所」]二重表記活用法・組み込み:
業務工程 DEFACT STANDARD [Phase 1 Phase 2 Phase 3:[Monitoring Step(URL/https表示)]:Flow 

===========================================

責任者の柿沼と申します。            Advanced Algorithm & Systems

 此処2年間、毎日/人、平均、800回ー1000回、アクセス、ホームページTOP画面、最下段
 業務工程[Monitoring Step(URL/https表示)]URL群表示の深堀可能

 下段、展示要請が、各所から 今後頻繁に続く見込みです。 

 A日本表面真空学会、日本学術会議 2022年9月11日(日)ー16日(金)[6日間
  札幌コンベンションセンター 要請展示 ご参加

 B一般社団法人日本真空工業会 公益社団法人日本表面真空学会 日刊工業新聞社
  参加要請 2022年10月19日(水)ー21日(金)真空展 VACUUM 東京ビッグサイト 西ホール

 [科学技術振興機構・採択意向] [SPM無償供与 と 販売/切り分け境界] [産 官 学 担当 各位様に
 依る 静謐の中・・SPMシミュレーション パラダイム 市場創造]
 SPMシミュレータ無償供与:お試・練習・検証計算2カ月期間:合理性評価後購入契約 販売方針 

 ▲標準価格表 開発視点から、価格と対比、相互納得コラボ実現、誠に幸いです。
  https://www.aasri.jp/pub/spm/pdf/catalog/kakaku_uc_p31.pdf    

 SPMシミュレータへの皆様のニーズに添わせて頂き、Win-Win契約実現要件を、旨とさせて
 頂いております。

続いて、各位様に、以下、ご検討お伺い 申し上げます

共有化・流用 [マニュアル対応 5 ブロック定義 エッセンシャル]
----------------------------------------
趣旨 以下 5 ブロック単位 にお目通し頂ければ幸甚です

 ◇1 SPMシミュレータ使用区分別活用法LIST

 2 SPMシミュレーション需要二重専門市場[規模system的表示]「二箇所二重表記手法適用

 3 ホームページへACCESS頂く、登録者A B 他参加者に、Win-Win[合意された活用法/事業]比較検討
   決定場所、のご案内

  Advanced Algorithm and Systems Co.,Ltd.(aasri.jp) 産 官 学 担当対象 Win-Win[合意された事業(活用法)]BOX

   A グループ [SPMシミュレータ spm装置 実験 表面観察] 新機軸市場:「部品/HARD」・サプライヤー・ご提案先様
   B グループ 2 段階[ @お試し版無料DVDA正式契約版DVD]SPMシミュレータご提供契約方式・ご提案先

 ◇5 Google AI検索・入力市場高分子 タンパク質 バイオ・ソフトマテリアル 有機半導体 無機・金属半導体
   SPMシミュレーション需要表示 ON H_P [規模system的・「二箇所
」]二重表記活用法 機能PACKAGE

----------------------------------------

各位様に、ご検討お伺い 申し上げます
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□Upper

 以下に該当の各位様には、JST採択意図[不可能の解決視点]への参加頂き、SPMシ
 ミュレーション:
新機軸市場構築を各位様ご一緒に、ご検討お伺い 申し上げます

  JSTへの採択意図[不可能の解決視点]
   ・SPMシミュレーションを必要とする「部品/HARD」・サプライヤー様、メーカー様 
   ・AASRI[ホームページ上64社各位様+希望者]に登録された 産 官 学 担当 各位様

   展示希望、メーカー製品の機側に「SPMシミュレータを搭載パソコン」置くだけで、
   展示希望メーカー様の希望する計算・結果をDisplay出来ます。
   尚 展示希望メーカー様への 計算・結果をDisplay へのお手伝い・コンサルを
   前提、更には、展示期間のSPMシミュレータは無償でメーカー様のパソコンに
   搭載します。
 

  ◇ライセンス契約必須情報◇b

  入手・購入 必須仕様CONCEPT 
   
 ・SPMシミュレータ無償供与:お試・練習2カ月期間:機会提供 後購入契約 ご提案
 ・同時送付:当該配信メール・選択的保存[引き続き・直後にお手元へ]                                       
 ・ビッグサイトでの展示・商談会、参加意向の「関連HARDメーカー皆様」御社製品にSPM                                                         
  シミュレータを搭載・組み込み、コラボ意向の方々には、展示運営会社cj.jp@rxglobal.com                                                         
  様のビジネス条件を満足しております事、ご認識頂ければ幸甚です。


-------------------------------------------

 展示参加メーカー様は、下段、参加 A B 両日参加 或いは ずれか A 又は B 
 開催責任者まで、ご連絡お願いします。 

 A日本表面真空学会、日本学術会議 2022年9月11日(日)ー16日(金)[6日間
  札幌コンベンションセンター 要請展示 ご参加

    開催責任者 日本表面真空学会、日本学術会議

 B一般社団法人日本真空工業会 公益社団法人日本表面真空学会 日刊工業新聞社
  参加要請 2022年10月19日(水)ー21日(金)真空展 VACUUM 東京ビッグサイト 西ホール

    開催責任者   公益社団社団法人日本表面真空学会 会長 重川秀実 

            IVCー22 実行委員長 福谷克之           

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
★ ご訪問の皆様へ

近年、皆様が抱える問題は、複雑さを増しております。
だからこそ、問題解決には何よりも、Face to Faceの議論が基本だと弊社は考えています。

INTERNET空間でのFace to Faceの議論の実現に向けての情報交換を、皆様と共有出来れば幸いです。

  • 皆様との議論の前提である「タタキダイ」たるべく、弊社はホームページへの情報開示に努めています。最後部AASRI HPへのレンタルサーバー、アクセス実績表 参照
  • 日々、皆様からの多様なコンタクト−徒然の感想・質問・引合・見積依頼・検索情報−が弊社ホーム
    ページに寄せられております。INTERNET時代を改めて実感しております。HPと定例配信(SPMシ
    ミュレータ通信)立体的Info提供
  • 多様なコンタクト・アクセスの中で、頻度の高い方には、場合により情報開示メールを申し上げてお
    ります。
    不要の場合は即停止致します。お申し越下さい。

◇1 SPMシミュレータ使用区分別活用法LIST
@ A B の変遷に伴い、改正版、変更版、で置き換わります。ご承知置き下さい。
二箇所」:DEFACT STANDARD SPMシミュレーション業務工程は,業者各位担当範囲にて、@SPM装置
現場作業要領、A
DEFACT STANDARD SPMシミュレーション活用、B初心者育成に依る市場拡大促進3PHA
SE等にて、新機軸市場構築が
、SPM担当各位が携わる「研究・ビジネス、領域分野」に於いて可能になります

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

1 入手・購入 必須仕様CONCEPT ◇日本表面真空学会会員蓄積型◇[6 個パッケージ]活用法:公開版イメージング キーワード レジメ ご送付 ご案内
1 入手・購入 必須仕様CONCEPT ◇日本表面真空学会会員蓄積型◇[6 個パッケージ]活用法:公開版イメージング キーワード レジメ ご送付 ご案内
2 高分子 タンパク質 バイオ・ソフトマテリアル 有機半導体 無機・金属半導体 SPMシミュレーション DEFACT,STANDARD・SPM装置 現場作業要領 ご案内
2 高分子 タンパク質 バイオ・ソフトマテリアル 有機半導体 無機・金属半導体 SPMシミュレーション DEFACT,STANDARD・SPM装置 現場作業要領 ご案内
3 超簡単活用法付:公開版 ホームページTOP画面:[Monitoring Step(URL/https群)Flow]定義 及び SPMシミュレーション業務工程、市場規模system的表示、関係や相互の共有化
3 超簡単活用法付:公開版 ホームページTOP画面:[Monitoring Step(URL/https群)Flow]定義 及び PMシミュレーション業務工程、市場規模system的表示、関係や相互の共有化
4 SPM通信 高分子 タンパク質 バイオ・ソフトマテリアル 有機半導体 無機・金属半導体・「実験-計算」画像比較機能・試料表面の原子の真の状態を特定可能・特許仕様 画像比較型 プラットフォーム構築◎
4 SPM通信 高分子 タンパク質 バイオ・ソフトマテリアル 有機半導体 無機・金属半導体・「実験-計算」画像比較機能・試料表面の原子の真の状態を特定可能・特許仕様 画像比較型 プラットフォーム構築◎
5 公開版 高分子 タンパク質 バイオ・ソフトマテリアル 有機,半導体 シミュレーション・テーマ領域新機軸市場構築・・・現場作業要領
5 公開版 高分子 タンパク質 バイオ・ソフトマテリアル 有機,半導体 シミュレーション・テーマ領域新機軸市場構築・・・現場作業要領
6 SPM装置・現場作業に入る前段階に於ける、SPMシミュレーション・コンセプト 及び DEFACT STANDARD系:SPM装置 現場作業要領
6 SPM装置・現場作業に入る前段階に於ける、SPMシミュレーション・コンセプト 及び DEFACT STANDARD系:SPM装置 現場作業要領
7 SPM通信 SPM装置・現場作業に入る前段階に於ける、SPMシミュレーション対象・業務実績工程 ご案内
7 SPM通信 SPM装置・現場作業に入る前段階に於ける、SPMシミュレーション対象・業務実績工程 ご案内
8 二重専門市場表記手法 俯瞰型簡便マニュアル 高分子 タンパク質 バイオ・ソフトマテリアル 有機半導体 無機・金属半導体 SPMシミュレーション
8 二重専門市場表記手法 俯瞰型簡便マニュアル 高分子 タンパク質 バイオ・ソフトマテリアル 有機半導体 無機・金属半導体 SPMシミュレーション
9 二重専門市場表記手法 高分子 タンパク質 バイオ・ソフトマテリアル 有機半導体 無機・金属半導体:DEFACT STANDARD SPMシミュレーション
9 二重専門市場表記手法 高分子 タンパク質 バイオ・ソフトマテリアル 有機半導体 無機・金属半導体:DEFACT STANDARD SPMシミュレーション


SPMシミュレータ使用区分別活用法LIST の読み方

◇SPMシミュレーション需要表示 ON H_P [規模system的「二箇所
」][二箇所」]
二重表記活用法
を下段に即して述べます。

二箇所」に表示される、同一仕様情報形式は、ホームページへACCESS頂く、登録者A B 他
参加者含め 相互各位の所属先の事業体特性上の差異の浮彫目的に、互いに活用され、ビジネス・
研究の立場から、Win-Win[合意された活用法/事業]比較検討決定の場を提供し、
帰属先に売上増を実現させる、新機軸 市場創造に繋がります。



二箇所ホームページ上、DEFACT STANDARD SPMシミュレーション業務工程Flow、
業者各位情報 を意味します
参照:
Advanced Algorithm and Systems Co., Ltd. (aasri.jp)
 ・SPMシミュレーションを必要とする「部品/HARD」・サプライヤー様、メーカー様
 ・AASRI[ホームページ上64社各位様+希望者]に登録された 産 官 学 担当 各位様

  IoT・1 Bruker様 SPMミュレータ Win-Winコラボ販売パートナー活動[引合/見積合相談] ご案内

  産 官 学 担当対象
Win-Win[合意された事業(活用法)]BOX

A グループ [SPMシミュレータ spm装置 実験 表面観察] 新機軸市場:「部品/HARD」・サプライヤー・ご提案先様

  高知工科大▼研究/ビジネス・テーマ領域・用途区分市場構築:SPMシミュレーションUNIT:▼活用法 俯瞰
                & 視点開示
  産 官 学 担当対象 Win-Win[合意された事業(活用法)]BOX
B グループ 2 段階[ @お試し版無料DVDA正式契約版DVD]SPMシミュレータご提供契約方式・ご提案先


二箇所」同一仕様情報、
下段 A B で表示され、其の事例が最下段に確認頂けます。

 A グループ [SPMシミュレータ spm装置 実験 表面観察] 新機軸市場:「部品/HARD」・サプライヤー・ご提案先様

 B グループ 2 段階[ @お試し版無料DVDA正式契約版DVD]SPMシミュレータご提供契約方式・ご提案先

 DEFACT STANDARD SPMシミュレーション業務工程は,業者各位担当範囲にて、@ A B如く差異が出来る

 IoT・1 Bruker様 SPMミュレータ Win-Winコラボ販売パートナー活動[引合/見積合相談] ご案内
 高知工科大▼研究/ビジネス・テーマ領域・用途区分市場構築:SPMシミュレーションUNIT:▼活用法 俯瞰 & 視点開示


 @SPM装置 現場作業要領、A
DEFACT STANDARD SPMシミュレーション活用、B初心者育成に依る
 市場拡大促進、3PHASEにて、新機軸市場構築が
、SPM担当各位が携わる「研究・ビジネス、領域分野」
 に於いて可能になります。

二箇所
」の@ A B は、AASRI:ホームページへACCESS:頂いた方々にご検討頂き 、テーマ共有
相互者のメール遣り取り内容、となります。その結果「二箇所
二重表記活用法の実現、となります。
その結果、AASRI:ホームページへACCESS:頂いた方々は、自身の立場の課題・売り上げ増加案件を獲得
になります

二箇所
は、@ A B の変遷に伴い、改正版、変更版、で置き換わります。ご承知置き下さい。

SPMシミュレータ使用区分別活用法LIST の読み方 終
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


◇2 SPMシミュレーション需要二重専門市場[規模system的表示]「二箇所二重表記手法適用
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
:「公開 H_P TOP画面プラットフォーム」:
当該配信メール上へ市場規模system的表示・
                                 
  作成が要件となる、二重専門市場構造表記手法適用、以下に添い、実施されます。
当該配信メール相互意思疎通結果をH_P TOP画面 :[Monitoring Step(URL/https群)Flow] :

  の変化に反映させ担当者相互補完コラボ を下段の如く実現させます   

 登録者A B 相互間の事業体特性上の差異:A B間相互差異は、下段URL組み込み情報の質的差異を
 意味:し、A B 相互間のURL情報の差異から「各位の研究質 及び、売り上げ向上の視点」に立ち、A B
 間相互補完的棲み分け合意検討コラボに依る 実現となりましょうか?


 登録者相互のホームページにアクセスし合い、も含めて 、登録者間で、A B C D E F G F G ・・・と任意に
 関係者合意で拡大可能となり、より多数の登録者のアクセス参加に依り、SPMシミュレーション・テーマ領域
 用途区分[Phase 1 Phase 2 Phase 3:[Monitoring Step(URL/https群)Flow]:市場構築に繋がります。



 AASRI:ホームページへACCESS:Advanced Algorithm and Systems Co., Ltd. (aasri.jp)
 IoT・1 Bruker様 SPMミュレータ Win-Winコラボ販売パートナー活動[引合/見積合相談] ご案内
 高知工科大▼研究/ビジネス・テーマ領域・用途区分市場構築:SPMシミュレーションUNIT:▼活用法 俯瞰 & 視点開示

 https://www.aasri.jp      https://www.aasri.jp/pub/spm/en/about_spm_eng.html
  For Japanese               For English European
 ◎ SPMイノベーター Prologue

 SPMシミュレーション需要二重専門市場[規模system的表示]二箇所構造表記手法 を下段に即して述べます
 と、
二箇所はAASRIホームページ上の DEFACT STANDARD SPMシミュレーション業務工程Flowを意味し、
 「
二箇所」は、
AASRI:ホームページへACCESS:頂いた方々が相互コラボ目的の[相互の配信Mail]に相当し、
 登録者A B 他参加者含み 相互の所属先の事業体特性上の差異の浮彫に、コラボ成功へ、補完的活用目指します。

 SPMシミュレータ新規開発により、DEFACT STANDARD SPMシミュレーション業務工程Flowを、@SPM装置
 現場作業要領、A
DEFACT STANDARD SPMシミュレーション活用、B初心者育成に依る市場拡大促進、3PHASE
 にて、新機軸市場構築が
、SPM担当各位が携わる「研究・ビジネス、領域分野」に於いて可能になります。

 下段「二箇所
」は@ A B 何れかを記載情報に依り、AASRI:ホームページへACCESS:頂いた方々にご判断頂き
 「二箇所」は、相互のメール遣り取り内容、となります。「二箇所」構造表記手法実現、となります

 その結果、AASRI:ホームページへACCESS:頂いた方々は、自身の立場の課題案件を獲得、になります



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□upper
 SPMシミュレーション需要二重専門市場[規模system的表示]「二箇所構造表記手法
 ●
ホームページ上:「公開 H_P TOP画面プラットフォーム」:&●当該配信メール上へ市場規模
 system的表示・作成し、二重専門市場構造表記手法適用、●当該配信メール相互意思疎通結果を
 含めて 相互間差異からWin-Winビジネスコラボ相手をお探し下さい

 ・専門市場[規模system的表示]「二箇所」の意味する SPMシミュレーション需要は日本表面
  真空学会会員・所属組織単位[ cj@reedexpo.co.jp, cj.jp@rxglobal.com etc]にて表現
 ・SPMシミュレータ SPM装置 実験 表面観察:日本表面真空学会会員:産 官 学 担当 各位様は、
  
H_P TOP画面[規模system的表示]下段に添い◇ライセンス契約必須情報◇b
ご覧頂きます
  https://www.aasri.jp/pub/spm/SPM_simulator_application_examples.htm
  https://www.aasri.jp/pub/spm/pdf/catalog/imagepamphlet/SPM_ApplicationField.pdf
 
  https://www.aasri.jp    https://www.aasri.jp/pub/spm/en/about_spm_eng.html

             For Japanese           For English European
  ◎ SPMイノベーター
                                                          Prologue 
  
  https://www.aasri.jp/pub/spm/pdf/catalog/kakaku_uc_p31.pdf 
  https://www.aasri.jp/pub/spm/pdf/catalog/integrated_catalog_uc.pdf  
                

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□lower


3 ホームページへACCESS頂く、登録者A B 他参加者に、Win-Win[合意された活用法/事業]比較検討
  決定場所、のご案内
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

Advanced Algorithm and Systems Co.,Ltd.(aasri.jp)  産 官 学 担当対象 Win-Win[合意された事業(活用法)]
BOX
A グループ [SPMシミュレータ spm装置 実験 表面観察] 新機軸市場:「部品/HARD」・サプライヤー・ご提案先様

B グループ 2 段階[ @お試し版無料DVDA正式契約版DVD]SPMシミュレータご提供契約方式・ご提案先

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■Upper

 公開 SPMシミュレーション需要[規模system的表示]産 官 学 担当各位対象、「公開 H_P TOP画面プラット
 フォーム」活用 各自の事業差異
検討マニュアル

AASRI ホームページ上の:「公開 H_P TOP画面プラットフォーム」:に参集頂いた産 官 学 担当各位様には
 SPMシミュレータ SPM装置 実験 表面観察 市場=需要二重専門市場[規模system的表示]の基に以下実施


 SPMシミュレーション需要・・・[ホームページ上64社各位様+希望者]:Aグループ Bグループ市場規模「2箇所
 system的表示」:=「部品/HARD」・サプライヤー様、メーカー様・・・SPMシミュレーション需要 を共有化して、
 各自帰属先の事業の差異を相互に 比較分析頂き、Win-Win目指し検討・・売り上げ増加に繋げて下さい。

 SPMシミュレーション需要二重専門市場[規模system的表示]「二箇所構造表記手法[定義]適用  


1 入手・購入 必須仕様CONCEPT 大改造・配布済公開版[6 個パッケージ]活用法 指示・調整型:公開版イメージング キーワード レジメ ご送付 ご案内
1 入手・購入 必須仕様CONCEPT ◇日本表面真空学会会員蓄積型◇[6 個パッケージ]活用法:公開版イメージング キーワード レジメ ご送付 ご案内


A グループ [SPMシミュレータ spm装置 実験 表面観察] 新機軸市場:「部品/HARD」・サプライヤー・ご提案先様
 登録者・A B 相互間の活用法/事業体特性上の差異を意味:し、相互に享受実現前提条件にて結論へ
 IoT・1 Bruker様 SPMミュレータ Win-Winコラボ販売パートナー活動[引合/見積合相談] ご案内  


 B グループ 2 段階[ @お試し版無料DVDA正式契約版DVD]SPMシミュレータご提供契約方式・ご提案先
 登録者・世界初 特許仕様・SPM「実験ーミュレーション」画像比較型 商用ソフトウエア:活用に依る、 新規
 SPMシミュレーション需要
 高知工科大▼研究/ビジネス・テーマ領域・用途区分市場構築:SPMシミュレーションUNIT:▼活用法 俯瞰 & 視点開示


 ・SPMシミュレータ SPM装置 実験 表面観察::日本表面真空学会会員:産 官 学 担当 各位様 帰属先呼称
  表示にて、64社:企業名 研究所名(独法含む) 大学名:が下段要領で、AASRI ホームページ上にSPM
  シミュレーション需要RIST掲載。
産 官 学 担当 各位様 は自身の帰属先が
、64社に含まれるか、是非確認下さい
  64社:「公開 H_P TOP画面プラットフォーム」要確認  Advanced Algorithm and Systems Co.,Ltd.(aasri.jp)
  
  ご注意 64社に含まれていない場合、ご希望有れば、任意追加は可能です。

 ・A グループ
「部品/HARD」・サプライヤー様、メーカー様 B グループ
はSPMシミュレーションに特化した
  大学・アカデミック に区分され 
ホームページ上に
SPMシミュレーション需要二重専門市場[規模system的表示]
  を構築します。”64”帰属先呼称表示該当者は、例えば :産 官 学 担当のA様 B様は相互にクリック頂き、各自の
  ホームページ情報["A様"相当:Bruker様ホームページのSPMシミュレータ活用法]を"下"でお読み頂き、
  IoT・1 Bruker様 SPMミュレータ Win-Winコラボ販売パートナー活動[引合/見積合相談] ご案内  
  "B様"相当 を"下"と仮定して、相互棲み分け・活用法/事業の差異をお探し下さい。             
  IoT・1 Elkem 様 SPMミュレータ Win-Winコラボ販売パートナー活動[引合/見積合相談] ご案内
 
  必要なら、相手を替える事も任意に気軽に共有頂ければ幸甚です   
                  
 ・産 官 学 担当 各位様 A様 B様 相互間にて、[相互の活用法/事業体の差異をお探し下さい。]A様 B様が探し当てた     
  差異を相互の売り上げ増 比較分析頂き、相互に・売上増/メリット優位となる、Win-Win[合意された事業(活用法)]を
  目指し検討合意に繋げて下さい。A様 B様A様 B様向け・業務Flow
Advanced Algorithm and Systems Co.,Ltd.(aasri.jp)
 


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■Lower



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□      
◇4Advanced Algorithm and Systems Co.,Ltd.(aasri.jp) 産 官 学 担当対象 Win-Win[合意された事業(活用法)]BOX
A グループ [SPMシミュレータ spm装置 実験 表面観察] 新機軸市場:「部品/HARD」・サプライヤー・ご提案先様



◇4Advanced Algorithm and Systems Co.,Ltd.(aasri.jp)  産 官 学 担当対象 Win-Win[合意された事業(活用法)]BOX

B グループ 2 段階[ @お試し版無料DVDA正式契約版DVD]SPMシミュレータご提供契約方式・ご提案先


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

◇5 Google AI検索・入力市場◇ 高分子 タンパク質 バイオ・ソフトマテリアル ◇
  SPMシミュレーション需要表示 ON H_P [規模system的・「二箇所
」]二重表記活用法
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
[科学技術振興機構・採択意向] [SPM無償供与 と 販売/切り分け境界] [産 官 学 担当 各位様に依る
静謐の中・SPMシミュレーション パラダイム 市場創造] Advanced Algorithm and Systems Co.,Ltd.(aasri.jp)


ご案内

 日本表面真空学会会員:産 官 学 担当 各位様には、 Advanced Algorithm and Systems Co.,Ltd.(aasri.jp)
 をご覧頂き、
[ホームページ上64社各位様]:SPMシミュレーション需要表示 [規模system的・「二箇所
」]
 をご認識いただきます。其の上で自主的に自身のホームページ上に、
帰属先独自顧客のSPMシミュレーション
 需要表示 [規模system的・「二箇所
」]を作成頂き、その帰属先ホームページ群がSPMシミュレーション
 公開 業務支援環境となります。
産 官 学 担当 各位様は:ホームページ群:をフォローアップ頂きます。

 SPMシミュレーション需要表示 [規模system的・「二箇所
」]:ホームページ群が、産 官 学 担当各自
 対象に、公開・共有化された、ビジネス市場となり、SPMシミュレーション市場構築・創造に繋がり、
 [科学技術振興機構・ 採択意向]が実現されたことになります.


◇SPMシミュレーション需要二重専門市場[規模system的表示]「二箇所
二重表記活用法 市場創造
 に自主的に任意に参加する、
産 官 学 担当 各位様が自身の帰属先の公開ホームぺージ上に、下段要件
   ・AASRI[ホームページ上64社各位様+希望者]に登録された 産 官 学 担当 各位様 
   ・SPMシミュレーションを必要とする「部品/HARD」・サプライヤー様、メーカー様


 を満たす、帰属先独自顧客のSPMシミュレーション需要表示 [規模system的・「二箇所
」]を公開・正式
 提示する事で、帰属先多数のSPMシミュレーション需要二重専門市場[規模system的表示]ホームページ群が、
 SPMシミュレーション パラダイム 取引先発見目的疑似市場と看做され、構築・市場創造されます。


 産 官 学担当各位様が其処に、相互に集い合い、各自の共有化された SPMシミュレーション需要・活用法/
 事業の差異を相互共に・売上増/メリット優位性を、ビジネス・研究の立場から、Win-Win[合意された活用法/
 事業]比較検討決定の場を提供し、帰属先に売上を実現させる、新機軸 市場創造に繋がります。


JST採択 SPMシミュレーション・新機軸市場構築・研究/ビジネス パラダイム 概観
SPMシミュレーション:ご案内視点:ソフト仕様 活用法 及び ビジネス環境 JST採択意向

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
研究/ 業務・テーマ領域区分単位・ 用途区分別 市場 世界初SPM「実験―計算」画像比較型・世界標準
仕様(計算機能)、粘弾性接触解析手法新規適用
、及び DFTB計算元素69種[計算パラメター開発に依り、
STM/STS, AFM, KPFM、シミュレーション可能実現]
活用に依り、あらゆる(有機・無機)化合物計算可能


 「JST特許登録 東京大学 名誉教授 理学博士 塚田先生 と AASRI二者が特許権を共同保有」条件下で
 ▼当ソフトウエア以外の、「特化計算機能」を具備しないソフトウエアは法的に使用不可能▼
 特許仕様 SPM easy use シミュレータ SPM装置現場作業、事実上マニュアル不要作業 公開市場創造環境

 AASRI:ホームページへACCESS市場創造: Advanced Algorithm and Systems Co., Ltd. (aasri.jp)
 https://www.aasri.jp/pub/spm/SPM_simulator_application_examples.htm
 https://www.aasri.jp/pub/spm/pdf/catalog/imagepamphlet/SPM_ApplicationField.pdf
 GoogleAI検索入力SPMシミュレータ・テーマ領域市場 ;最上層に存在するソフトウエア情報:ご覧頂けます
 https://www.google.co.jp/search?q=spm%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%                                               
 BC%E3%82%BF&oq=SPM&aqs=chrome.0.69i59j69i57j0j69i60l3.3894j0j8&sourceid=chrome&ie=UTF-8  

理論的シミュレーション結果と実験画像データの比較を同一のプラットフォーム上で実現する、世界初の商用ソフトウェア
 

SPM実験画像処理手法イノベーション 「実験-計算」画像比較機能・試料表面の原子の真の状態を特定可能
新機軸・イノベーション・コンセプト SPMイノベーター Prologue 何が見えているか判別困難・商用ソフトと対で解消

 高分子 タンパク質 バイオ・ソフトマテリアル 有機半導体 無機・金属半導体 SPMシミュレーションDEFACT
 STANDARD [Phase1Phase 2 Phase 3] Monitoring Step(URL/https群)業務工程]Flow 実現及び 現場作業
 要領
SPMシミュレーションが、各研究テーマ 及び 用途区分に対して、実行可能です。


 初心者方々にも即時独力 活用可能とさせる為にDEFACT STANDARD FLOW、に添いSPMシミュレーション
 業務工程を,既存マニュアル活用要件、にて定義、SPMシミュレータ即時可能、目指しました。

 計算実行データの準備・用意、入力作業が不要になる、SPMシミュレータ設計に依り「初心者の為
 参考計算検索ページ」適用により、類似案件(計算済)の指定だけで、ユーザ自身のPCに計算実行
 画面を出力させる機能活用に依り、産官学SPMユーザ様による、マニュアルの使用は事実上皆無と
 なり、自動的運転状態が実現され、入力手作業は不要となり、マニュアル(モニタリング) リスト
 と 活用ガイダンスを見守る事だけが、産 官 学 SPMユーザ様に要請されるだけに省力化されます。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
研究/ 業務・テーマ領域区分単位・ 用途区分別 市場 世界初SPM「実験―計算」画像比較型・世界標準
仕様(計算機能)、粘弾性接触解析手法新規適用
、及び DFTB計算元素69種[計算パラメター開発に依り、
STM/STS, AFM, KPFM、シミュレーション可能実現]
活用に依り、あらゆる(有機・無機)化合物計算可能


 SPMシミュレータ無償供与:お試・練習・検証計算2カ月期間:合理性評価後購入契約販売方針   
  ・SPMシミュレーションを必要とする「部品/HARD」・サプライヤー様、メーカー様
  ・AASRI[ホームページ上64社各位様+希望者]に登録された 産 官 学 担当 各位様 


 「JST特許登録 東京大学 名誉教授 理学博士 塚田先生 と AASRI二者が特許権を共同保有」条件下で
 ▼当ソフトウエア以外の、「特化計算機能」を具備しないソフトウエアは法的に使用不可能▼
  特許仕様 SPM easy use シミュレータ SPM装置現場作業、事実上マニュアル不要作業 公開市場創造環境

 
 Google AI検索・入力市場◇ 高分子 タンパク質 バイオ・ソフトマテリアル 有機半導体 無機・金属半導体◇
 SPMシミュレーション需要表示 ON H_P[規模system的・「二箇所
」]二重表記活用法
                                                          

 AASRI:ホームページへACCESS市場創造: Advanced Algorithm and Systems Co., Ltd. (aasri.jp)
 
https://www.aasri.jp/pub/spm/SPM_simulator_application_examples.htm
 https://www.aasri.jp/pub/spm/pdf/catalog/imagepamphlet/SPM_ApplicationField.pdf
 機軸・イノベーション・コンセプト