三菱化学エンジニアリング

お世話になっております。責任者の柿沼と申します。

この度、御社のR&D現場にて使用されているナノテクノロジー実験装置に、弊社のSPMシミュレータを導入されてみてはと思い、
案を考えてみたのですが、如何でしょうか?

御社のHPを拝見したのですが、御社の技術力を考えますと、R&Dの現場でSPM実験装置も導入されているのでは?という仮説の下、弊社の
SPMシミュレータを加えていただく事により、より幅広い知見が得られるのではとお見受け致しました。
拝見したページのリンクを下に貼っておきます。ご確認いただけたら幸いです。
https://www.m-chemical.co.jp/rd/rd-location/materials_characterization.html

具体的に申しますと弊社SPMシミュレータは、これまでもメールにて何度かご紹介させていただきましたが、理論計算だけで
STM、AFM、KPFM像を高分解能的に再現できることができるシミュレータです。
また実験画像を、機械学習のアルゴリズムを活かした解析が、実験中に即可能である機能を持った、「実験ー計算」画像比較型の
世界初のシミュレータです。弊社HPのリンクを改めて下に貼っておきます。
ご確認いただけたら幸いです。


御社R&D業務はお見受けした所、様々なナノテクノロジー分析機器を駆使して、非常に優れた分析物性業務をされている様ですが、
弊社SPMシミュレータはAFMにより得られるサンプルの物性値(例えば表面張力や基板からの高さ等)を理論計算だけで求めることができ、
かつバンド構造計算機能も持ち合わせている事から、半導体などエレクトロニクス関連機器の物性をシミュレーションで求める事ができますので、
実験解析をするという点で、御社業務とSPMシミュレータは、相補的な良い関係にあると思われます。

そこで弊社としましては、もし御社がSTM/AFM実験装置を使って分析物性を行っている場合のオプションとして、弊社のSPMシミュレータを加えて
いただく事をご提案致したく、今回この様なメール送る事に致しました。
オプションの形としましては、お使いになられているWindows PCに、弊社のSPMシミュレータをインストールさせていただく形だけで事足りると思われます。
技術的な細かい話はまだ色々議論の余地があると思われますが、それらの話はが弊社SPMシミュレータのご適用が決まってから詰めていきたいと思っております。

これらご提案はこちらの一方的なものですので、もし何かより良いコラボ方法があれば、ご希望契約条件等どうかご遠慮なくお申し越しくださいます様、
お願い致します。
御社とのお付き合いが、今後ともよりWin-Winの良きものになる事を願いつつ、どうかこれからもよろしくお願い致します。
内容確認など、弊社 藤川敬介 までお申し越し頂ければ幸いです。

◆ご相談・入手/購入・見積書ご希望の方・ お気軽にお申し越し下さい◆
  spm-simulator-howto@aas-ri.co.jp<spm-simulator-howto@aas-ri.co.jp>        
     SPM「計算科学ソフト/IT インフラ」配信 to SPM の販売施策                                                                                                                                          
     https://www.aasri.jp/pub/spm/pdf/SPM_Simulator_purchase_process_ver2_eng.pdf  
「2 段階( @お試し版無料DVD A正式契約版DVD)ご提供」見積契約方式 ご提案                                    
  https://www.aasri.jp/pub/spm/pdf/SPM_Simulator_User_Support_Manual_v03s_171029.pdf                         
   https://www.aasri.jp/pub/spm/pdf/catalog/SPM_Simulator_User_Support_Manual_v03s_171029_eng.pdf  
     https://www.aasri.jp/pub/spm/mail/mail20161201_eng.html    

以上、よろしくお願い致します。